総合空間技術 NJ空間デザイン研究所
各種資料
 建築設計監理料

一般的な設計料の話
「形に見えないもの」(知的作業)への対価

設計とは、そもそも「無の状態から有を生み出す」という行為であり、設計は「形に見えないもの」(知識・経験に基づく知的作業)を職業としています。今の生活の中で、「もの」に金銭を払う習慣が身についている消費者にとって、「形に見えないもの」(知的作業)に金銭を払うことは理解し難いことかもしれません。 一般的に、建物を何度も建てる人は少なく、初めてが故に設計料の概念や相場がわからないのは当然のことだと思います。また、わからないが故に建築家と一般の人が想定する設計料の間に格差が生じることもよくあると言えます。

 ●建築家に依頼するのは余分なコストか?

設計と施工を一貫で行う会社では「設計料はサービス」という、建て主にとっては魅力的な殺し文句を謳うところがあります。しかし、法律上、建築は設計図や確認申請図といったものがなければ建てられません。設計行為をしているのに設計料を取らないというのは、その費用が工事費に含まれているのか、あるいは設計に対して全く責任を取らないのだと考えるべきです。この点は、欠陥住宅が多く造られ、社会問題まで発展している現在では慎重になるべき問題だと思います。
その点で、施工の段階で設計図通り(お客様の要求通り)に施工されるよう監理する、第3者的立場=設計者(建築家)の存在は大きな安心に繋がります。
こういった意味では、設計料とは「安心」や「安全」という、目に「見えないもの」をも含めて買っていると言えるのではないでしょうか。建築家は常に誠実で、信頼を頂ける仕事をし続けて行くべきだと思っております。

 ●一般的な設計料の算出方法

設計料の算出方法には、「料率方式」と「積み上げ方式」による2つの方法があります。
「料率方式」とは、総工事費に対して工事種別や建物用途に応じて、工事費の何%と比率を乗じる方法です。 この算出法は簡単で、現在でも設計事務所は、この料率方式で設計料を算出しており、慣例に裏打ちされた相場が形成されています。
しかしながら例えば、全く同じ構造の同じ設計図を描いた場合でも、材料の安い仕上げを選択した場合と高い仕上げを選択した場合とでは総額が異なるため、設計作業は同じでありながら総額が違うために設計料も異なるといった現象が起こります。
もう一つ、1979年に建設省が「積み上げ方式」という方法を制定しました。
「積み上げ方式」とは、下記の項目に分けて算出し、すべてを合算の上、消費税等を加えることになっています。
・業務経費 =直接人件費+特別経費+直接経費+間接経費
・技術料等経費
「積み上げ方式」では設計行為を定型的な作業と評価する業務経費と、技術力や創造力などの非定型の価値を評価する技術料等経費とに分けることで、料率方式での曖昧さを解消しています。
根拠が解る分、建て主も納得しやすくなりますが、設計者が時間をかければかける程、設計料が上がることになります。例えば2、3回の打合せで契約に到るケースもあれば、10回しても決まらないこともあります。これは、納得できる案を提案できるかどうかについて、設計者サイドに要因があるにも関わらず、設計料が高くなるという現象が生じます。以上の理由で、「積み上げ方式」にも一長一短があると言われています。

 ●信頼できるパートナーを

設計事務所と交わす設計監理業務契約は、基本構想か基本設計の終了時に行うことが大半です。契約を交わした時点で設計料が発生してきます。
建築家はお客様の希望する魅力的な計画・設計案を創り、お客様との打合せの中でお互いが理解し合い、信頼関係を築いて行くことが不可欠だと考えます。
設計料とは建て主の建築家に対する「信頼の代価」でもあり、私たち建築家もまた、その信頼に応えることが大切だと考えます。

NJ空間デザイン研究所の設計・監理料の話

NJ空間デザインの設計監理料には、企画段階のデザイン提案・基本設計図面作成・実施設計図面作成・施工段階の設計監理と特定行政庁との協議作業に対する報酬が含まれております。 

1.どの段階で設計・監理料が発生してくるのか?

企画・提案段階では5万円(マイホームマイプラン)以上の設計料は発生しませんが、基本設計が終了し設計契約に到った段階で設計・監理料が発生します。
さらに、打合せが必要な場合は、交通費などの必要経費(実費)が発生します。

2.「NJ空間デザイン研究所」の設計・監理料はいくらなのか?

一般の設計料の話 で説明しように「料率方式」にしろ、「積み上げ方式」にしろ、設計料が高くなることに歯止めが効かない現象が生じ、結局納得のいく方法ではありません。従って当研究所では、設計監理料の目安を建物の規模、すなわち延べ床面積により、下表のように明示させていただきます。
尚、2007年6月20日国土交通省施行の建築基準法改正に伴いまして、構造設計に於ける作成資料の大幅な増加・作業量の増加が明らかとなっております。
つきましては、「木造2階まで」と構造計算が必要な「木造3階・鉄骨造・RC造・混構造」に分類した設計・監理料といたします。

構造・規模 設計・監理料
木造2階建てまで 5万円/坪(消費税別)
木造3階建て・鉄骨造・RC造・混構造 8万円/坪(消費税別)
増改築・インテリア設計(耐震診断共) 6万円/坪(消費税別)
※2007.09.01より摘要

■構造設計料・設備設計料を含みます。
■遠隔地で交通費等実費が掛かる場合は別途実費精算といたします。
■確認申請料等、公的機関への必要手数料は別途実費精算といたします。
■RC造・木造3階・混構造などで「構造計算適合性判定」が必要な場合は別途実費精算といたします。
□設計・監理料算定例 (設計料:監理費=75:25)
EXP1.新築木造2階建て30坪の場合
設計・監理料:30坪×5万円=150万円(消費税別)
EXP2.RC造40坪の場合
設計・監理料:30坪×8万円=240万円(消費税別)
EXP3.20坪リフォームの場合
設計・監理料:30坪×6万円=180万円(消費税別)

3.設計料を支払う時期は?

お支払いは一般的に本体工事費の場合もそうですが、各段階ごとに分けることにより、トラブルの回避やリスクの分散につながるよう、以下のように設定させて頂いております。
設計/監理の別 支払い時期 備考 支払い額
設計業務報酬 設計契約締結時 手付金として 設計料の15%
確認申請提出時 確認申請費用実費 同 30%
実施設計完了時 工事契約締結時 同 30%
監理業務報酬 工事上棟時   同 15%
工事竣工時 業務完了時残金 同 10%

設計の流れ概要と所要期間の目安

設計の流れ概要 所要期間
STEP1 :企画・提案(マイホームマイプラン) 1週間〜
STEP2 :基本設計 1ヶ月〜
STEP3 :概算見積り 2週間〜
STEP4 :実施設計・確認申請 3ヶ月〜
STEP5 :見積り・施工業者選定 2週間〜
STEP6 :工事監理 規模により異なります
STEP7 :アフターケア 無期限

各ステップでの設計内容

STEP1 :企画・提案(マイホームマイプラン)
 基本的には、既存もしくは購入された敷地に対して設計を始めます。その際に必要な資料としては敷地の測量図ですが、用意できない場合は法務局で閲覧できる公図で代用します。まず、お客様の御要望(含建築工事予算)と、その敷地に関わる建築法規的条件を基に、初期段階としてお客様の希望する間取りに沿って平面図や立面図・スケッチ等を作成します。
また、敷地購入をお考えの方に対しても、購入する際の参考資料としての建築計画を行いますので、必要な方はお気軽に御連絡下さい。

STEP2 :基本設計
 上記での企画・提案内容が納得行くものとなった場合、作成した図面をもとに打合せを重ね、より具体的な御要望の内容を図面に反映させていきます。打合せの方法は原則として、お会いして行います。また、必要に応じてFAXやメールを使用します。打合せ頻度としては、週1回程度が標準的です。この段階としては他に構造内容の検証や、必要な設備機能の選定を行うと共に、外部や各部屋などのおおまかな仕上げ材料(仕様)を選定し、図面化して行きます。

STEP3 :概算見積り
 基本設計で作成した図面を基に、工事施工費の概算見積りを行います。この見積り時点で大幅に予算をオーバーした場合は、打合せにより図面内容を検討・変更を加え、予算内に収まるようにします。ここで作成された暫定的な図面内容により、設計を進めていくことを承諾された場合のみ、この時点で設計契約を締結します。

STEP4 :実施設計・建築確認申請
 概算見積りが反映された図面を基に、確認申請図面(役所申請図面)及び施工に必要な詳細図面を作成します。また、この段階で具体的な仕様内容(外装やインテリア・水栓器具などの給排水設備器具・エアコンなどの空調機他)を順次決定していきます。実際の構造計算に際して基礎形態等を決定するのに必要であれば地盤調査(ボーリング調査や載荷試験)も原則としてこの段階で行います。図面の内容としては意匠図・構造図・設備図の各図面を作成します。建築規模によって図面作成期間に差はありますが、3ヶ月程度必要となります。

STEP5 :見積り・施工業者選定
 実施設計段階で作成した図面を基に、原則として2〜5社程度で相見積もりを行います。お客様指定の施工者がいる場合は、その施工者のみでの見積りとなります。見積り期間は予算規模により差がありますが、2週間程度必要となります。
出来上がった見積り内容を検討・査定し、相見積りの場合には施工者選定を行います。

STEP6 :工事監理
 設計監理とは、設計した内容が実施設計図面の通り施工されているか設計者の立場から監理するもので、いわゆる現場監督が行う工事管理の立場とは全く別物です。原則として、週1回程度現場にて施工者と打合せを行います。具体的には躯体工事段階では構造図面通り施工されているか否かを監理し、構造面での欠陥住宅の可能性を排除します。内装工事・仕上げ工事段階では、実際の空間を通じて必要に応じて軽微な変更を加えて行きます。この際、コストコントロールの把握も監理者の重要な役割と考えます。
竣工時には竣工検査を行い、手直し等必要な箇所があれば、建物引渡し時までに手直しを行って頂き、満足いくかたちで引渡しを行います。

STEP7 :アフターケア
竣工後、不都合な点や新たな御要望が生じた場合は施工者と連携し、充分なアフターケアを行います。

Copyright (C) 2010 NJ Space Design Laboratory. All Rights Reserved.
HOME HOME HOME